FC2ブログ

私とワンコのこと

先天性心疾患の私が感じたこと、経験したことを書いていきます。ときどき溺愛中のわんこの話も(๑╹ω╹๑ )

心臓から聞こえる音

自分の脈の音が気になる…

心臓の大動脈弁を機械弁にする弁置換手術をしてから
脈の音がはっきり聞こえるようになりました。

特に何もしていない時でも聞こえるから
たまにこの心音から解き放たれたくなっちゃいます

今はだいぶ慣れましたけど
数年間、脈の音が気になって眠れないほどでした。
寝る時は部屋が静かなので余計に(;_;)

カチカチと機械音も聞こえるよと先生や同じ手術をした方から聞いていたけど
私の場合はそれは聴こえてこないんですよ。
人によって違うのかしら


そしてなぜか年々、脈の音が大きくなってる気がします。
気のせいかなぁ…気のせいだったらいいんだけど。

隣で寝ているkatからも
「寝てる時不整脈でてたけど大丈夫?」って聞かれてしまう(笑)



ある時、風邪を引いたので普段行かない近場の病院に行ったんですね。
体に聴診器をあてた先生が「心臓からすごい音が聞こえるなー」って(笑)
人が気にしていることを(^^;)

そんなに必要かってくらい何度も聴診器をあてられました(._.)


「あっ機械弁入ってるのか」って納得していたけど
納得したなら聴診器を外していただけませんか…って言いそうになってしまった(笑)
問診票に書いたので最初からちゃんとみてくださいよ〜


でもこんな音がするのは一生懸命に心臓が動いている証拠ですねぇ
これからもお付き合いしていかなきゃε-(´∀`; )



読んでいただきありがとうございます
訪問いただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

キラキラ

思いついたことを書いていて
話がいろいろと飛びまくるブログですε-(´∀`; )

19歳の時に2回目の心臓の手術をうけました。

当時は勉強や遊びやバイトと忙しかったけど
毎日が楽しくて充実している日々。

そんな時、自分の手術痕がどうしても気になって
完全に消えないか、もしくはもっと細くならないかを相談しに
病院へ行くことにしました。

形成外科に行き勇気を出して相談しました

先生の返答は
「あなたの傷跡はキレイですよ。ケロイドにもなっていないし、これ以上キレイにというのは難しい」と。

がっかりしている私に
先生が久しぶりに病院に来たんだから、内科にも行ってみてほしいと言いました。

私病院に来るの数年ぶりだったんです。
調子も良かったし、病気のことは母がすべて管理していて
母が亡くなった後は病院に行かなくなってしまいました。


内科に行き診察してもらうと
先生が深刻な表情で、手術を行った外科の方で診てもらう必要があります。と…

どうやら血圧がおかしいことになっていたらしく、
上は測れるけど、下の血圧がない(測れない?)と言われました。

言っている意味がよくわからなかったけれど
指示通りに外科に行くと、入院しましょうと言われ
父も説明を受けるため後日病院に一緒にいき
あっという間に手術日が決まりました。

入院している間、あまり友人に来て欲しくなかったので
数人だけに伝えていました。

手術後は胸から鎖骨にかけてガーゼを貼っていたので
この姿を友人が見て驚かないかな…とか
かわいそうと思われたくない…とか考えすぎていたかも。
みんな普通に接してくれる(;ω;)
変わりなさすぎて、このガーゼ気にならないのかよ!って思ったくらい(笑)

そして面会に来てくれる友人たちは
みんなキラキラ輝いていました。

ほんと泣くほどうらやましかったです。
服も髪もお化粧も全部が可愛くて
私も早く退院してオシャレするぞ!って気持ちになった

退院してからはその思いが強すぎたのか
毎日アクティブに動き回る自分がいました(笑)
若かったので無理しても大したことなかったのですよƪ(˘⌣˘)ʃ

濃い思い出です…



読んでいただきありがとうございます
訪問いただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村





上から目線…

たまにしか会わない親戚のおばさんがキライです…
私の病気をネタに大げさに同情してきたり
上から目線で発言してきたりするから。

たまに会うというのは、父がいたときまででした
両親がいなくなり自分に何か面倒な話がくるのがいやなのか
父が亡くなったあとは一度も連絡が来なくなり話してないです。

たとえ何か困ったとしても、お前(失礼)なんかに連絡しねーよ(笑)
父の兄の奥さんなんですけどね。
ヒステリックな面もあって、親戚中から嫌われていたよう。
私はそんなにからんだことなかったのですが
父のお葬式の時に言われた言葉にカチンときまして
今後関わらないようにしようと

火葬場でね全て終わってソファーにぐったりと座り込んでいたとき
そのおばばが近寄ってきて、急に泣き出したんです。
何この人…って思ってたら

「◯◯ちゃんかわいそうに…病気もあるのに自分で生活していかなきゃならない…仕事もしていかなきゃいけないなんてねぇ…」
おばば号泣の演技…涙出てないですよ(笑)

はあ?
この人何言ってるのって感じでした。
しかも突然のハグですよ
まじでやめてくれ…となりにいた兄もドン引き

私がおばばのことが嫌いだから
この言葉に腹がたつというのもあるとは思うのですが…
失礼がすぎるんだよ!(笑)
病気があるからって普通の人と同じように生活することがかわいそう?
そういう考え方しかできない、あなたの方がかわいそう…

父の命日があったので思い出してしまいました(^_^;)

読んでいただきありがとうございます
訪問いただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村

思い出の…

ぼっちゃんが爆睡している間に
ブログ更新しようヽ(・∀・)

今日のご飯何作ろうかな…(笑)
よくさ、母の味みたいなレシピありますけど
あれとても憧れる…

何度も書いてるけど、母は早くに亡くなっていて
入院も多かったし私も入院多かったしで
母の料理で覚えているのが少ないの

運動会の時に大量に唐揚げを作ってくれていたのは
すごく記憶に残っていますね
あとはお昼ごはんによく作ってくれていた
ケチャップライスやバターご飯
まぁシンプル(笑)

あと、焼きそば!
それもカリカリの(^^;)
母って焼きそば作るときに水を入れないんですよ
どうやってほぐしてたんだ?って自分で作るようになって気になりました(笑)

もしかして水入れるの知らなかったのかな
謎すぎる…
たまにカリカリの焼きそば食べたくなって
水少なめで作ったりしちゃうんですけどね

あれ?
これが私にとっての母の味というものなのかしら(。-∀-)

読んでいただきありがとうございます
訪問いただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村

学校での検診

学校で集団で検診を受ける日が
とてつもなく苦手でした(-_-)
あれってどこの学校でもあったんですかねぇ

先生に聴診器をあてられたとき
明らかに異変があるので、いろいろ聞かれる
そしたら周りの子たちがざわざわし始める(笑)

もうほんと嫌でしたね
早く終わるように、手術して通院もしてるので大丈夫です!って伝えてました。

中学生の時に、男子が「◯◯(私の名前)って心臓わるいの?」って
聞いてきたことがあったんです
クラスの子たちが全員いる中で。
当時はなんで答えなきゃいけないんだって思って
無視したような記憶があります(笑)
女子と男子は検診する場所違うのに
そういう噂は広がるの早い(^^;)


今でも苦手なんですよ
面と向かって病気のことを人に話すのは。
ちゃんと話した人っていないんじゃないかな
katにもさらっとしか言ってないけど
私にしては話した方です(笑)


ブログだとなんでも書けちゃうんだけどな_φ( ̄ー ̄ )


読んでいただきありがとうございます
訪問いただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村