FC2ブログ

【備忘録】飼い主の入院生活 3回目の手術編(緊急部)⑧

この記事は数年前に手術入院をした時に経験したことを書いております。
今とは病気に関して異なることがあるかもしれませんが、
興味のある方はご覧ください


前日寝れなかったせいか、体がだるい・・・。
とりあえず横になってたり、本を読んで大人しくしてたりするんだけど、
私のベッドの向かいにいるUさんが、頻繁に話しかけてくれるので(笑)
ゆっくり休むことができません((´・ω・`;))

重い心不全状態だった私は、人と会話するだけで心臓が苦しくなってしまい、
出来れば大人しくしていたい。

だから素直に「苦しい」って伝えればいいんだけど、その一言がなかなか言えない・・・。

だって話してる最中に、「苦しい・・・」なんて言ったら、
重病人だもの・・・。
認めたくない自分がいました(笑)



今日は体調もよくないし、ぐっすり寝たいと思ってたのに・・・。

夕方近くになって、バタバタ騒がしいなって思ってたら、
突然ICU室から女性の泣き叫ぶ声が響き渡りました。

ICU室は私が入院していた部屋のすぐ近くにあって、
手術した直後の患者さんや、救急車で運ばれてきた患者さんがいます。

立派なドアがあるのですが部屋が近いせいか、
中の声や機械の音が聞こえてくることがよくありました。

その日は夕方まですごく静かだったのに、
急にモニター(よくドラマなんかにも出てくる、脈と血圧と酸素を測ってるやつ)の音が聞こえてきて、通常時は脈と同じくらいの速度で、ポン、ポンという音が鳴ってるのに、
ピーコンピーコン(←どう表現していいかわからないのですが・・・)と異常をしらせる音がなりだしました。

でもこの音、大したことなくても結構よく鳴るみたいなので
あまり気にしてなかったのですが・・・

その直後に女性の「お母さん!!お母さん!!お母さん!!お母さん!!」ととても悲痛な叫びが響きました。。。



続きます。



長々と読んでいただきありがとうございます
訪問いただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります



にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村
スポンサーサイト