FC2ブログ

悲しい…

こちらは暖かい日が続いています。
路面の雪もだいぶなくなり少しずつ春が近づいてるかなという感じです。

今月の8日にとても悲しいお知らせがありました。お友達の「キャバリア マーチ&かれん一家ののんびり生活」norironさん家のかれんちゃんが虹の橋へ旅立ちました。

まだまだ元気でマーチくんやえりちゃん、みくちゃんと楽しく過ごして行くんだろうなと思っていただけにとても悲しいです。

可愛いかれんちゃん(norironさん写真おかりしました。)



コスプレでいつも笑わせてくれました(一番左がかれんちゃん)



きっとまだnorironさんの側にいるだろうけど、これから行く虹の橋にはメリーちゃんや裕くん、3わんこ、たくさんのお友達がいるからみんなで待っていてね。
norironさん、お電話で話せて少しホッとしました。まだまだ辛いけど泣きたいときは泣いて…かれんちゃんが心配しないように無理せず過ごしてね。



ここからはシェリのこと。
土曜日に抜糸と最近気になっていることを相談しに病院に行ってきました。
興奮すると部屋の中をすごい勢いで走り回るんですが、極稀に足を痛がり泣くことがありました。
勢いよく走るので足を捻ったのかと思い様子を見るんだけど、本人は一瞬泣くだけでケロっとしてる…。
で、先生に足を触診してもらうとどうやら右の後ろ足の股関節が痛そう…とのこと。
すぐにレントゲンを撮ってもらいました。
診断結果は映り方が微妙ではっきり言えないけど、小型犬の子犬がなりやすい「レッグ・パーセス病」かもしれない。と言われ…
今まで聞いたこともない病名…頭が真っ白になりました。
レック・パーセス病は先天性で遺伝が関係してると先生から聞きました…
治療法は最終的には手術しかなくこの病院では出来ないので大学病院などを紹介することになります。と言われました。

もうなんか頭の中混乱してます。
やっとケンネルコフが完治して、去勢手術も無事に終わってこれからお散歩も楽しめる時期になるのに。
まだ何とも診断出来なく、普通に歩いていて症状は稀にしか出てないので2週間後またレントゲン撮ってみましょう。と言われました。

すごく落ち込んでしまった…普通に楽しくシェリと生活したいだけなのに、次から次に…。
診断が確定して先天性の病気だとわかったら今後のため、それとchiiの気がおさまらないのでショップに連絡しようと思います。
次にシェリが苦しむことがあったら許さないもん❗️❗️

それにしてもkatはこの状況なのに落ち着きすぎててムカつく(笑)
ケンカ吹っかけてやりました…がkatは大人なので全然ケンカにならず、chiiの怒りを受け止めて流す…みたいな😅やっぱムカつく…(笑)

「chiiは泣いてばかりなの。優しい僕はお顔ペロペロしてなぐさめてるの。」



にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ




スポンサーサイト