FC2ブログ

【備忘録】飼い主の入院生活 3回目の手術編(緊急部)⑮

この記事は数年前に手術入院をした時に経験したことを書いております。
今とは病気に関して異なることがあるかもしれませんが、
興味のある方はご覧ください


☆前回の続きです


Eさんが部屋に移動してきてから時間が経過し・・・
一人お見舞いの方がいらしたようでした。

まだカーテンは閉まったままです。
私は少し横になって、ウトウトしてました。

そしたら隣から女性の声で、「あんたは何やってんの!!」って聞こえてきて、

その後に、私の寝ているベッドのすぐ横から、聞こえない程のかすれ声で、何か言ってるような声が聞こえました。
私と彼女のベッドの間は、たぶん30cm位しかなかったから、すごい近いんです。
だからなるべくベッドの端に寄って、会話が聞こえないようにテレビ見てイヤホン付けたり布団かぶってたんだけど、
やっぱり聞こえちゃう。


その内に2人で言い合いみたいになって、かすれ声のEさん方が感情を抑えきれない感じで泣きながら喋りだしました。
声だけで判断するとEさんは30代位で、お見舞いに来たのはお姉さんっていう感じがしました。

何を言ってるのかわからないけれど、
声がかすれていて、絞り出すように話すので、とても苦しそうに聞こえます。

Eさんの興奮状態が激しいので、それなりの理由があるんだと思いました。

どうしたんだろう・・・?声がかすれるなら風邪・・・?(そんなわけないね・・・)
かすれると言うか、ほぼ出てない状態だったし。

結局その日はまったくEさんと顔を合わせることも、会話することもなく、
謎のまま眠りにつきました。

この2日後にEさんと初対面することになります。。。

続きます。


長々と読んでいただきありがとうございます
訪問いただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります



にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村
スポンサーサイト