FC2ブログ

【備忘録】飼い主の入院生活 3回目の手術編(緊急部)17

この記事は数年前に手術入院をした時に経験したことを書いております。
今とは病気に関して異なることがあるかもしれませんが、
興味のある方はご覧ください


☆続きです


その夜、ダンナさんらしき人と、前日に言い争いしてたお姉さん?らしき人が面会にきました。

お姉さんが、「あんた達2人で話しなさい」と言い病室を出て行きました。


Eさんとダンナさん、しばらく沈黙が続きましたが、
ダンナさんが「お前これで何回目だ?人に迷惑かけて!!俺が発見しなかったらどうなってたと思う?」
Eさん「だって辛かったんだもん。相談しても怒鳴るだけだしどうしていいかわからなくなった。もうイヤになったの!」

これはまたトイレに避難か・・・とベッドから起き上がろうとしたら・・・、


ダンナさん「何をしようが勝手だけど人に迷惑かけるな。結局お前は死ぬ気なんかなくて誰かにかまってもらいたいだけなんだろ。だから電話やメールで形跡を残すんだ。」

Eさん、泣いているようでした・・・

自分の奥さんが悩んで命まで絶とうとしてるのに、こんなきつい言い方はない。

・・・隣のベッドになっただけなのに、
重すぎるお話が聞こえてしまって。。。
病室って個室じゃない限りプライベートな空間ないですね。


面会時間が過ぎても、話し合いを続ける2人。
看護士さんが「面会時間すぎてますので」と言いにきて、やっとダンナさんが帰りました。


私が入院している病棟は、緊急で運ばれてくる患者さんばかりなので、
いろんな方がいました。
わかってるけど・・・
毎日いろんなことが起こって、
体は安静にしてるけど、心は乱れまくりでした。

次の日、やっとEさんと対面することが出来ました…
続きます。



読んでいただきありがとうございます
訪問いただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村
スポンサーサイト