FC2ブログ

【備忘録】飼い主の入院生活 3回目の手術編(外科入院)4

この記事は数年前に手術入院をした時に経験したことを書いております。
今とは病気に関して異なることがあるかもしれませんが、
興味のある方はご覧ください



手術が終わったんだと気づいたのは
家族と先生が話している声が聴こえてきたとき。
ICU にいるんだなと気づきました
看護士さんかな、私のことを呼ぶんだけど
まったく目が開けられない。
「ご家族がいらしてますよー」って聞こえて
必死に目を開けようとしてるんだけどどうにも動けなかったです

22時、0時、2時ですよと声かけられ
私はいったい何時間寝ているんだろうという感覚でした。

ただ寝ているというわけでもなく
とにかく酸素が体に入っていかない感じがしていて
とても息苦しかった。
何度か呼吸が乱れてきて不整脈が連発するたびに
先生や看護士さんが「落ち着いて、ゆっくり深呼吸しよう」って
声かけてくれてその通りにすると落ち着きました。

少し意識が覚めてくると、咳と痰が出てくるんです
それが苦しくてうなされながら寝てるような感じです。
吸引器で痰はすぐ取ってもらえるのだけど
あれ、苦しいんですよね、、
終わったあとはスッキリですけど。

頭の片隅でペースメーカーは入ってるのか気になってはいたけど
そこまで確認する余裕もなかったです。



続きます。


長々と読んでいただきありがとうございます
訪問いただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります
スポンサーサイト