FC2ブログ

【備忘録】飼い主の入院生活 3回目の手術編(外科入院)6

この記事は数年前に手術入院をした時に経験したことを書いております。
今とは病気に関して異なることがあるかもしれませんが、
興味のある方はご覧ください


手術日の次の日にICUから3人部屋の病室へ移れることになりました。
術後は順調ということだけど
自分がどうなってるのかもわからず、体も動かせることができませんでした
1日だけのICUでの記憶はとにかく苦しくて、息をするだけでも必死だったなぁと。


3人部屋にベッドのまま移動しおえて、少し寝ようかなと思っていると、
斜め向かいの方の容態が急変したようで、先生と看護師さんがバタバタと処置をはじめました。

私のベッドの周りをカーテンで囲んで目隠ししてくれたんだけど
ちょうど隙間ができてて見えてしまう


そんな大変な事態の時に同じ部屋のお婆ちゃんが「うるさい、こっちは具合がわるいんだ」と…
はあああ!?
こんな最低な発言する人いるんだなって思った。


どうしても気になってしまって
カーテンの隙間から見てみると
先生が患者さんの上に乗って心臓マッサージをしていました。
あの時の方助かったんだろうか


こんな状態なのでこの病室にいることの方が負担だよねってなって
6人の大部屋にうつりました。

もうとにかく痛いし苦しいしどうしていいんだかわからない
意識は朦朧としているけど…生きているんだなーという感覚でした



続きます。


長々と読んでいただきありがとうございます
訪問いただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります



スポンサーサイト