FC2ブログ

レッグ・ペルテス手術から1年経過

早いもので手術から約1年です。

病院でレッグ・ペルテスと診断された時は、家に帰って泣きました

なんで、そんな病気が発症するのか
自然治癒はなく、薬での治療は出来ない、必ず手術が必要
手術後の後遺症もあるかもしれない
どの病気も同じですが、不安の一言でした。

子犬時代は病気が多い子だったんですよ

シェリが通院している病院で、同じ手術をしたワンちゃんを何匹か見たことがあります。
ほぼトイプードルでしたが、柴ちゃんもいました。
片足だけ毛が剃られている感じが何とも痛ましいのよね
中には両足に発症する子もいると聞いていたので、かなりビビっておりましたが、
もう大丈夫でしょう。

早期発見での手術と先生のお陰で、
心配だった後遺症もなく、元気に走ったり跳んだりしてます
立っている時、たまに手術した足を浮かせている時があるんですよね。
前に相談した時は、痛かった時のクセで上げることもあると聞きましたが、
気になるので次に病院に行った時にもう一度診てもらおうと思います。

手術料金で検索してくださる方もいるので、
手術時の明細を見つけましたら載せたいと思います。

ところでレッグペルテスはとても進行の早い病気ですよね。
進行するにつれて痛みも増えますし。
信頼できる先生に診断されたら、早めに手術を行うのがいいと思います。
薬でごまかしても進行は抑えられません。
治療が遅れると後遺症が残る可能性も高くなるそうです。

本当にイヤな病気ですねぇ



今日は元気にお散歩に出ましたが、そろそろ抱っこして欲しそうな表情されました(笑)


明日は友人とご飯に行きます
坊ちゃん、お留守番お願いね


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ





スポンサーサイト