FC2ブログ

【備忘録】飼い主の入院生活 検査編②

この記事は数年前に検査入院したことを綴っています。
今とは検査方法など異なることがあるかもしれませんが、
興味のある方はご覧ください



検査入院2日目
とても暇ですが、同室の方々がいい人ばかりで
楽しいお部屋でした。

心電図、レントゲン、エコーの検査も終わり、
次は造影剤を使ったCT検査をすることになりました。

造影剤使うと具合悪くなりませんか?
全身が熱くて熱くて、締め付けられるような感じ。。。
検査の後半になると「息を止めて」と何度も言われ、
身体に造影剤がまわって不快感でいっぱいの中、
息止めが長くてぐったりしました(;д;)
少し身体にきつい検査でした。

小さい頃からいろいろな検査を経験していますが、
痛いとか苦しいということがわかっている検査を受けるときは、尋常じゃないほど怖いです。
何も知らないで受ける方が精神的に楽だなと感じます。。。

病気の事は父に愚痴をこぼす事が多かったですが、
いつも「強くなりなさい」と言われていました。

でも大人になっても怖いものは怖いのです。。。


入院してるとどうしても他の方のイビキや寝言が気になって
寝れません(っω・`。)
睡眠が取れないと、心臓の負担も増え、
カテーテル検査が出来なくなってしまうと言われ、
寝付きを良くするお薬が出ることになりました。

これでやっと眠れるかなと思って飲みましたけど、寝付きは変わんなかったな・・・
2時間くらい経って、やっとすぅーっと眠りに入りました。
久々に周りの音を気にせず、ぐっすり眠ることができました。

次はカテーテル検査…
痛みが少なく早く終わればいいなと願っていました。


続きます・・・



読んでいただきありがとうございます
訪問やコメントいただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村
スポンサーサイト